HOME > 生い立ち > 新しい組織体制・労使関係づくり 1986-2016

生い立ち

新しい組織体制・労使関係づくり 1986-2016

  組 合 関 係 会 社 関 係 社 会 情 勢
昭和61年
1986年
・労連会館新館落成 ・日産国内営業部門、地域別販売体制に変更 ・フィリピン、アキノ政権誕生
・日産労組、日産自動車と包括労働協約締結 ・プリンス自販一日産自販合併 ・ソ連、チェルノブイリ原発事故
・第14回参議院選挙で田渕議員が再選 ・英国日産自動車製造生産開始 ・伊豆大島、三原山噴火
    ・男女雇用機会均等法施行
昭和62年
1987年
・無料法律相談制度を開設 ・メキシコでバネット生産 ・国鉄、分割民営化
・統一地方選で組織内候補35名当選 ・米国インフィニティーチャンネル設置 ・連合が発足
・厚木部品労組、包括労働協約締結 ・輸出累計2,000万台を達成 ・ニューヨーク市場、ブラックマンデー
    ・円急騰130円台突入
昭和63年
1988年
・ホームヘルパー制度を開設 ・日ラジ、カルソニックに社名変更 ・青函トンネル、瀬戸大橋開通
・全日産労組組織改編(日産労組、日デ労組、
 日車労組、厚木部品労組を設置)
・英国に、ニッサン・ヨーロピアン・テクノロジー・
 センター社を設立
 
・日車労組、日デ労組、包括労働協約締結   ・イラン、イラク戦争停戦
    ・交通事故死1万人突破
平成元年
1989年
・自動車労連から「全日産・一般業種労働組合連合
 会」(日産労連)に改称
・インフィニティーQ45発表 ・昭和天皇陛下崩御
・第15回参議院選挙で寺崎参議院議員が誕生 ・米国日産製造生産累計100万台達成 ・元号が「平成」に
・厚木自動車部品労組、「アツギユニシア労働組合」
 に改称
・シルビアが「'88-'89日本カー・オブ・
 ザ・イヤー」受賞
・消費税(3%)実施
    ・中国、天安門事件
  ・厚木部品、アツギユニシアに社名変更 ・べルリンの壁崩壊
平成2年
1990年
・日産労連定年退職組合員制度を
 エルダークラブに名称変更
・「N-MAX・Q計画」打ち出す ・東西ドイツ統合
  ・プリメーラ発表 ・日本人初の宇宙飛行(秋山記者)
  ・生産累計5,000万台を達成 ・天皇即位の礼
  ・首都圏口一ン新設 ・イラクがク工一卜に侵攻
  ・連続休暇制度導入 ・ソ連・ゴルバチョフ大統領就任
平成3年
1991年
・日産労組青年部を発展的解消し
  「フリーウェーブ」が発足
・生産台数過去最高を記録 ・湾岸戦争勃発
  ・九州新エンジン工場稼働開始 ・雲仙普賢岳で大火砕流
  ・購入部品会社等で組織する新協力会「日翔会」
 を設立
・ソ連の「8月政変」、連邦崩壊
    ・台風19号、九州、東北で被害
平成4年
1992年
・リック家族サポート共済導入 ・座間第一工場閉鎖 ・PKO協力法成立
・第16回参議院選挙で自動車総連組織
 内直嶋議員誕生
・マーチが「カー・オブ・ザ・イヤー1993
(欧州)」受賞
・佐川献金疑惑
  ・九州新車両工場完成 ・クリントン氏米大統領に就任
  ・半日休暇制度導入 ・旧ユーゴスラビア連邦崩壊
平成5年
1993年
・日産労連内にリック事業部設立 ・92年度経常利益赤字発表 ・皇太子ご結婚
・ユニシアジェックス労組結成 ・座間工場車両生産中止(95年春)を発表 ・北海道南西沖地震
・全日産労組創立40周年 ・アツギユニシアと日本電子機器合併 ・第40回衆議院選、自民党過半数割れ
・日産テクシス労組結成 ・日産テクシス(株)設立 ・細川護煕連立内閣発足(55年体制崩壊)
  ・日産自動車会社創立60周年 ・鹿児島地方水害
平成6年
1994年
・労連ブライダル相談サービスを新設 ・吉原工場を「日産自動車富士工場」に名称変更 ・村山富市連立内閣成立
・記録的猛暑と異常渇水、九州工場へ日産労連、
  全日産労組各組合から飲料水を送る
・生産累計6000万台突破 ・関西国際空港開港
・新進党発足
  ・売上高の減少に為替差損が加わり過去最大の赤字
・いわき工場生産開始
・大江健三郎がノーベル文学賞受賞
平成7年
1995年
・日産労連無料職業紹介所開設許可される ・座間工場での車両組立終了 ・阪神・淡路大震災
・第17回参議院選挙、比例代表で寺崎議員 再選 ・日米自動車協議決着、日本メーカーは
 グローバルプラン公表
・地下鉄サリン事件
  ・日産ディーゼル工業、生産累計200万台記念
 オフライン式
・PL法施行
平成8年
1996年
  ・いわき工場VQエンジンが生産累計50万台達成 ・民主党結成
  ・賃金制度改定 ・ペルー日本大使館公邸がゲリラ
 襲撃を受ける
  ・日産ディーゼル工業、中国との合併会社設立  
  ・海外での累計生産台数1000万台に  
  ・2000CCクラスで世界初のCVT開発  
平成9年
1997年
  ・横浜工場エンジン生産累計3000万台達成 ・消費税3%から5%に引き上げ
  ・2期連続増収増益 ・長野新幹線開業
    ・地球温暖化防止国際会議が京都で開催
平成10年
1998年
・第18回参議院選挙、直嶋議員再選 ・英国日産で 生産累計200万台達成 ・冬季オリンピック 長野大会開催
  ・日産グローバル事業改新 ・特定非営利活動推進法(NPO法)が成立
    ・ダイムラー・ベンツとクライスラーの合併合意
平成11年
1999年
・日産労組、ルノー社との提携及び99-00
・経営計画について臨時中央労使協議会
・ルノー社と資本提携調印 ・欧州連合スタート
・地域振興券公布
・トランステクノロジー労組結成 ・日産車体会社創立50周年記念式典 ・日の丸・君が代を国旗・国歌とする
 法律成立
・日産労連NPO検討委員会発足 ・ルノー社が日産ディーゼル工業に資本参加 ・フォードがスウェーデンのボルボの
 乗用車部門を買収
  ・輸出累計3000万台突破 ・茨城県東海村で民間ウラン加工
 施設で臨海事故発生
  ・日産リバイバルプラン(NRP)発表  
  ・富士工場および自動変速機・無段変速機開発
 部門を分離独立、トランステクノロジー株式
 会社(現:ジヤトコ株式会社)を設立
 
平成12年
2000 年
・日産労連、日産自動車と
「日産リバイバルプランに関する」労使会議
・マーチ、キューブ、村山工場での生産終了、
 追浜工場へ移管
・介護保険制度スタート
・日産テクシス労組解散
・日産労組富岡支部解散
・米国日産自動車製造会社を北米日産会社に統合 ・沖縄サミット開催
・テクサス労組結成    
・日産労連・全日産労組とルノー社関連の
・労働組合との意見交換会
   
平成13年
2001 年
・オートワークス京都労組結成 ・3月期連結決算は、当期利益では過去最高の
 利益を計上するとともに、売上高利益率も
 4.75%に達する
・日産リバイバルプランの第1番目の 
 コミットメントを早くも達成
・えひめ丸、ハワイ沖で米原潜と
 衝突沈没
・チャリティーキャラバン1000回公演 ・ポスト日産リバイバルプランの新しい
 事業計画のガイドラインも公表される
・国内初の狂牛病確認
・第19回参議院選挙、自動車総連組織内候補
 池口修次氏が当選
・ポスト日産リバイバルプランの新しい 
 事業計画のガイドラインも公表
・世界貿易センター・ツインタワービル
 が崩壊
・ジヤトコトランステクノロジー労組結成 ・軽乗用車のOEM供給についてスズキ(株)
 と基本合意
・皇太子妃雅子さま「愛子さま」
 をご出産
・日産ディーゼル技術研究所労組結成
・フリーウェーブ創立10周年
・米国で新車両組立工場(ミシシッピ州キャン
 トン)の建設を開始
 
平成14年
2002 年
・連合、02春闘方針でベア統一要求見送り
・雇用維持最優先の方針 連合、02春闘方針で
 ベア統一要求見送り雇用維持最優先の方針
・日産ディーゼル工業群馬工場、工順移管完了
・欧州12カ国単一通貨「ユーロ」に
・ゆうらいふ御殿場30周年 ・日産180を発表 ・冬季オリンピック
 ソルトレイクシティ大会
・フリーウェーブ創立10周年記念行事
「SUN SEA GO OKINAWA」
  ・改正育児・介護休業法施行
・ジヤトコトランステクノロジー労組、
・名称変更「ジヤトコ労組」に
  ・経団連と日経連が統合、日本経済
 団体連合会が スタート
・ユニシアジェックス労組、名称変更
「日立ユニシアオートモティブ労組」
  ・日韓共同開催ワールドカップ開幕
    ・温暖化防止の京都議定書を
 批准決定
平成15年
2003 年
・ジーケーエヌジャパンドライブシャフト労組 結成
・日産と東風汽車公司(中国)、
 新会社「東風汽車有限公司」設立を発表
・完全失業率過去最悪の5.5%に
・ジヤトコ労組とダイヤモンドマチック労組が
 統合し、新生ジヤトコ労組誕生
  ・米軍がバグダットなどを空爆、
 イラクへの攻撃開始
・ジーケーエヌジャパンドライブシャフト労組
 名称変更「ジーケーエヌドライブライン
 宇都宮労組」
・三菱自動車と軽商用車に関する製品供給
 契約を締結 
・サラリーマンの医療費自己
 負担2割から3割に、健康
 保険・厚生年金の徴収方法変更
・全日産労組創立50周年記念式典   ・首都圏ディーゼル車排ガス
 規制スタート
平成16年
2004年
・第20回参議院選挙で直嶋正行議員が再選 ・東風汽車有限公司、広州市花都区の乗用車
 生産工場の操業を開始
・労働者派遣法改正により製造業へ
 の派遣が解禁
    ・消費税の総額表示義務化
    ・新潟中越地震、スマトラ沖地震
    ・道交法改正され運転中の携帯電話使用が厳罰化
平成17年
2005年
・組織体制見直しによる、全日産労組の解散、
 同時に日産労連直加盟に移行
・日産180のコミットメントである
 「グローバル販売台数100万台増」を
 達成し日産の復活・再生の完了を宣言
・第44回衆議院選挙「郵政選挙」
  ・日産バリューアップの発表 ・日経平均株価が5年ぶりに1万5千円台に回復
平成18年
2006年
  ・グローバル生産1億台突破 ・沖縄 普天間飛行場の辺野古崎移転で
 日米合意
  ・日産ディーゼルの保有全株式をボルボに売却 ・ジャワ島南西沖地震
平成19年
2007年
・第21回参議院選挙で池口修次議員が再選   ・第21回参議院選挙で民主党が参議院第1党に
    ・アメリカの低所得者向け高金利住宅ローン
 (サブプライムローン)問題が表面化
平成20年
2008年
・定年嘱託従業員をシニアマスター組合員
 として組織化
  ・後期高齢者医療制度が開始
  ・日産GT2012を発表 ・北京オリンピック開催
    ・サブプライムローン問題の影響を受けた
 大手証券会社「リーマンブラザース」が
 破綻し金融不安が世界中に高まる
平成21年
2009年
  ・本社所在地を横浜みなとみらい地区に移転 ・アメリカでは変革を訴えたバラク・
 オバマ大統領が就任
  ・ロシア サンクトペテルブルグの新工場で
 車両生産を開始
・高速道路の地方部で土日祝日の上限を
 1000円とする設定スタート
    ・新車エコカー購入に対して補助金がスタート
    ・裁判員制度開始
    ・第45回衆議院選挙で民主党が第1党となり、
 政権交代が実現
平成22年
2010年
・第22回参議院選挙で直嶋正行議員が再選 ・電気自動車「リーフ」販売開始 ・「子供手当て」「高校無償化」が開始
    ・産業機械事業部が独立、日産フォークリフト
 設立
・ワールドカップベスト16入り
平成23年
2011年
・日産労組九州支部を関連労組と位置付け
 日産九州労組を設立
・九州工場を分社化日産自動車九州株式会社を設立 ・東日本大震災
・契約従業員を組合員として組織化
・フリーウェーブ創立20周年
・三菱自動車工業と軽自動車にかかわる合弁会社、
 株式会社NMKV設立
・東日本大震災による福島第一原発にて
 深刻な原子力事故発生
  ・日産パワー88を発表
・いわき工場エンジン累計生産台数600万基達成
・高速道路の地方部で土日祝日の上限を
 1000円とする設定が終了
平成24年
2012年
  ・インフィニティ、香港新本社を開設
・東風汽車有限公司、中国 大連に新工場を建設
・東京スカイツリー開業
・ロンドンオリンピック開催
・京都大学山中教授がiPS細胞開発でノーベル賞
・衆議院選挙 民主党惜敗
平成25年
2013年
・第23回参議院選挙で礒﨑哲史議員誕生 ・日産自動車会社創立80周年 ・東京ディズニーランド開園30周年
平成26年
2014年
  ・「日産リーフ」グローバル累計販売10万台を達成 ・消費税8%に
平成27年
2015年
・日産労連創立60周年 ・新合弁会社のメキシコ工場建設に着工
・日産、ルノーとのアライアンスを強化
・「日産リーフ」をマイナーチェンジ
・北陸新幹線の長野-金沢間228キロが延伸開業
・ネパール中部でM7.8の地震が発生
平成28年
2016年
・第24回参議院選挙で浜口誠議員誕生 ・日産自動車と三菱自動車、戦略的アライアンスを締結
・新しい電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した「NOTE e-POWER」を発売
・1987年5月の「サニー」以来、29年半ぶり新車販売台数でトップになる
・北海道新幹線が開業し、北海道から九州まで初めて新幹線がつながる
・熊本県でM6.5の地震が発生
・三菱自動車、意図的な燃費不正が発覚

 

日産労組結成1953-1964産業別組織再統一1965-1971自動車総連結成1972-1985新しい組織体制・労使関係づくり 1986-2016